ゆずれないもの。

こんなご時世でも、

どうしても、ゆずれないものがある。


"自然なワインを楽しむ店である"ということ。


少しハードルが高いと言われることもある。

「ウーロン茶一杯、

それだけでも飲んでもらえたなら、

      ありがたいじゃない」

        と言われたこともある。

しかし、

理想としている店のあり方を、

あきらめてしまっては、

私達は何のために店をはじめたのか・・・。


数年前、東京へ行った時、

私達はあるお店に恋した。


18:00  ドアオープン

BGMは軽快な、

ジャンゴ・ラインハルトの

Minor Swingがながれピークタイムへ。


満席の店内のゲストが雰囲気と一体化して馴染んでいく、


おのおの、 

お店の楽しみ方を知っている。


とにかくご機嫌である。


五感満開!


ポンッ ポンッと、

コルクが横で後ろであいていく。

みんなワイン片手に楽しんでいる。

料理 香り 音 音楽 空間 会話 距離感


なんだろう、

いままで感じたことのないこの高揚感。


思い思いに時を過ごしているのに、

ワインがつなぐ、空気の一体感。


不思議な感覚に吸い込まれ、

私達がこのお店の一部になっていく。


場の雰囲気は、

そこにいる人の思い次第で決まる、

ということを体感した。



ナチュラルではあるが、

この空気は一日でなりたったものではない。


互いに良好な信頼関係があってこそ、

お店の信念と共に、

お店もお客様も、

幸せな場所であるのが、絶対条件。


"そんなお店をつくっていきたい!"

あらためて心に誓った日。

決してブレずに日々、継続。



東京一日目、

はしご酒のつもりが、 この時を存分に堪能し、

泥酔してしまった、素晴らしさよ。