大切なお客様へ大事なお知らせです。

更新日:2021年4月26日

いつも当店をご利用いただきまして、

まことに有難うございます。 コロナウイルスの飲食店等への、

時短要請が再度、発令になるということで、

私達も日々、

例のない出来事にとまどいながら、

選択の毎日です。


当店では、一年間、

減席、消毒、換気、長時間滞在の時間制限、

衛生管理など最低限できる対策に取り組んできました。


少しずつ少しずつ、

このまま良くなると思っておりましたが、

再度の時短要請。


もう少しこの状態が続きそう、、、

私達を取り巻く人々のコロナに対しての、 それぞれ意識や想いの格差もあるようで、 私達は今後、どう営業していくべきか、

今一度考えておりました。



当店の今後なのですが、

5月1日から、立ち止まるという事ではなく、

前向きに、2週間程度、

お休みを頂きたいと思います。


飲食店は特に、


たくさんのお客様を1つの空間に集めて、 食を楽しんで頂くという本来のあり方は、

コロナ以前と大きく変わってしまいました。


縛りのある空間でアクリル板に黙食。

メディアや報道に振り回される日々、、、


いったい、私達は何をしたかったのか?


何をお客様に提供したかったのか? 自分達が楽しんで気分良くいれるか、


という根底に立ち戻っております。

やはり、 

楽しく、会話、お酒と食事、音楽、空間、


私達の目指す空気感を大切にしたいです。


先日、

お酒も楽しめるカフェに2名で入りました。


対面のテーブル席

もちろん、対策はしっかりされていました。


だけど、、、

そこに座った瞬間から、

気持ちが沈みはじめ、


アクリル板たった一枚隔てるだけで、


会話するのも、めんどくさい、


食事の感想

"美味しいね"という会話すらできない、


せっかく2人で、

その時間を楽しみに行ったのに、

気持ちを共有できない苛立ち。


ちょっぴりマスクを外すと、

店員さんに注意をされ、


マスクをしているから、

接客に大切な表情さえ冷たく見える。


それが、今は、普通、大切なこと、


しょうがない、しょうがないけど、


正直、意気消沈。


注意されると、やっぱり凹みます。


注意する方も注意されるほうも、

気分が良いものではない。


自分達のお店ではこれは、

やはり、したくないです。


気持ち良く営業できない。


お酒の提供を辞めたり、


BGMは小さめに静かに、


が、推奨されてる昨今。


当店はワインとお食事を楽しむお店です。


ノンアルコールの方はご遠慮いただいている

ちょっぴり、面倒なお店です。


来たからには楽しんで欲しいです。


もちろん最低限の衛生対策はした上です。


狭い店内、限界はあります。


お酒の席で窮屈にしたくない。


黙食の強要、マスク会食等、


それぞれの判断にはなりますが、

必要以上に気にされる方は、

当店は不向きかと、、、

いつもご利用頂くお客様は、

理解のあるお客様ばかり、

マナーも良いし、

とても気遣いできる方ばかり、


世間では、

コロナ禍では、

お酒の提供もあまり好意的ではない空気。

まだまだコロナウイルスに対して、 油断が出来ない状況下であるというのも、

重々承知です。 しかし、

自分達が掲げてきた目指す方向を、

一時しのぎのために変えてしまうのは、

いかがなものかと、、、


もっと、もっと、

お互いに思いやりを持って

恐れるのではなく、

今いる瞬間を楽しめる空間を

作っていきたい。


ワイングラス片手に笑顔で楽しく、、、

お休みの間も、

blog、snsは更新したいと思ってます。

なので、 申し訳ございません。 ちょっぴりお時間をいただきます。

皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、 何卒ご理解頂きますよう、 宜しくお願い申し上げます。              barba 店主