猫の行灯〜大切な場所


         [photo :父]



窓からの景色。

オープン当初から、ここにいる猫。

あれから8年. . .


私たちは、猫と一緒に成長してきた。


屋根の上で生まれ、父と母と三兄弟が暮らす。


[photo: 母と三兄弟]



猫の家族の生い立ちを間近で見れるなんて、


そうそうあるものではない。


出会い。

別れ。

雨の日。

風の日。

晴れの日。

うだるような暑さにも、

凍えるような寒さにも、


色んなドラマがあった. . .


    [ photo:赤ちゃん時代]



喧嘩、パワーバランス、縄張り争い、

時には、

違う場所からやってきたボス猫に

傷つけられることも. . .


日々、いろんなネコ模様. . .

今は、"地域ねこ" として、

市場や界隈の人に見守られながら、

愛されている。

二条市場の屋根の上の癒し。


[photo:幼少期]



我が家にも、つい先日まで愛猫がいた。

いつもそばにいる、この子たちのおかげで

少し寂しさも癒されている。


我が家の一員として、

迎えよう. . .

と、思ったりもしたが、


[photo:現在]



広々とした場所で、

のびのび、自由、気ままに、

なによりも、

親子、兄弟を離れ離れにするのは心苦しい。

生まれ育ったこの場所が、

きっと幸せなんだろう. . .と思う。

私たちが、ここにいる限り見守っていきたい。



今年も、

札幌に極寒の冬がきた。


体の毛が多くなり越冬の準備。 


本当にたくましい。


生き様に勇気をもらう。


この時代に生きていること。


こんな世の中に負けるなと、


雪の中に凛々しく佇む姿をみて思う。


 

   今日も、

      行灯の猫に灯りをともそう。